ガルプラ最終回を観終えて…ルイチーがデビュー出来なかった理由を考察【GirlsPlanet999】

2022年3月7日K-POP

10/22(金)にGirls Planet 999の最終回が放映され、デビューメンバーが決定、グループ名はKep1erと決まりました。まずは、おめでとうございます!!!候補生の皆さん、推しがデビューできた方も、出来なかった方も皆様お疲れ様でした。デビューメンバーの顔触れに関して、主にネット上で物議を醸しておりますが、それについての僕の考えを表明しつつ、このブログではずっとラップ軸で番組を追ってきていたので、その感想をまとめたいと思います。

デビューメンバーは適正か?

ヒュニン・バヒエちゃんが最終順位2位でデビューが決定したことについて、ネット上では大きく騒がれています。番組を観ている視聴者であるならば、2位という順位は明らかに相応しくない順位だと分かります。正直、彼女のパフォーマンスで印象に残っている箇所はなく、得票の殆どが兄であるヒュニン・カイが所属するTXTのファンダムが占めていることは明白でした。では、彼女がデビューを辞退すべきかというと、そうではないと思います。カットラインで脱落してしまった候補生のファンの方の気持ちは痛いほど分かりますが、彼女をデビューさせたのはMnetです。番組が、ファンダムの得票が有利に働くことに対して何も対策が出来なかったことが全てで、正直、下記の記事のようなデビュー取り下げの要望は、行き過ぎた炎上だと思いました。

「“ヒュニンカイ(TXT)の妹”ヒュニンバヒエ、「ガルプラ」デビューメンバー入りに疑問の声…国民請願も登場」
https://news.yahoo.co.jp/articles/f2a571456e1b3c5f9a6a53b59604d073369d0f0e

途中で辞退するにも、脱落した他の候補生を思って身動きも取れなかったのでは、という可能性もあります。問題なのは、こういう事態を想定できなかった周りの大人たちで、矛先はバヒエちゃんではなく番組制作陣に向けられるべきだと思いました。ただの17歳の女の子に大人な対応を求めるのは、それこそ大人のやることではない。彼女の試練はここからで、デビュー後もずっと変わらなかったらこのムードはずっと続いていきます。ただただ頑張れ!…の気持ちなんですがバヒエちゃん、この事態を避けるたった一つの方法をやってなかったのは勿体なかった…

ゴリゴリにラップ決めてたらこうはなってないぜ!!!

ラップをバシッとカマしてたらこんな事にはなってなかったと思うんですよね…次項と最終項で語っていくのですが、結局デビューメンバーの中で純然たるメインラッパーを張れる人っていないと思っています。

何故、スー・ルイチーはデビュー出来なかったのか…?

本稿では、メインラッパーを張れる候補生がデビューしなかったということが主題です。もしルイチーがデビュー出来ていれば彼女がメインラッパーだという旨の記事を書いてました。僕は以下の記事に書いたように、ルイチーがラップでガルプラ視聴者にかましてくれるのを待ってたんです。

彼女が創造営2020で披露したオリジナルラップは圧倒的でした。まじでこのポテンシャルを番組内で魅せてくれていれば…、以下に彼女がガルプラで披露した楽曲をまとめました。

プラネット探索戦CHUNG HA「Snapping」ソロ
コネクトミッションEXO「The Eve」リードボーカル
コンビネーションミッションイ・ソニ「Fate」リードダンサー
クリエーションミッションMedusa「Snake」リードボーカル
O.O.OミッションGirlsPlanet999「O.O.O(Over&Over&Over)」メインラッパー
コンプリーションミッションGirlsPlanet999「Shine」ボーカル
コンプリーションミッションGirlsPlanet999「Another Dream」ボーカル

スー・ルイチー!なぜラップパートを選ばなかった!クリエーションミッションの「Snake」でメインボーカル争いからいち抜けてラップしてりゃあ、悪編の憂き目にも合わなかったであろうに…
ただ、ルイチーやプヤニンは事務所指示による政治的発言を取り沙汰され、Mネもろもろに煙たがられたという見方もあります。もしかしたら、活躍の場を意図して奪われたのかも…真相は闇の中です。

中国では人前での欠伸は失礼に当たらないとされています、文化の違いを知るウェンヂャの諭し方が印象的でした

いろいろ彼女自身にも番組に対して思うところがあったと思いますが、10/24(日)のインスタライブでの彼女の元気そうな姿に安心しました。また、日本のファンに向けた日本語での愛嬌や、アニソンカラオケなど、彼女のサービス精神に感動しました。中国人の何人かは結構、暴露っぽいことやってるのに…ルイチー、本当に愛らしいです。中国でアイドル活動無理なら、もうラッパーデビューすればいい!H1GHER MUSICさん、どうですか??

Kep1erのメインラッパーは一体だれ??

以前の記事で予想したメンバーの中で、キム・ダヨン、ソ・ヨンウン、江崎ひかるのデビューが決定しました!おめでとうございます!!おそらくラップパートは、この3人で回していくんだと思いますが、メインラッパーは誰になるんでしょう??

ソ・ヨンウンは恐らくメインボーカルですね。Kep1erはメインボーカルを張れる人材がキム・チェヒョンと彼女のみ。歌唱力がある彼女の分量はボーカルに割かれると思います。

キム・ダヨンはメインダンサーなのでは無いでしょうか?? リーダーも兼任する可能性があります。ひかるちゃんとダヨンだとダンス能力はひかるちゃんの方が高そうですが、ダヨンをセンターに据えたダンスの締まり方が、どのステージでも半端じゃありませんでした。ガルプラで生まれたグループのメインダンサーは、キム・ダヨンになる気がします。

ということで、僕、というか大多数の方も、メインラッパーは江崎ひかるちゃんと予想されるのではないでしょうか?これは残念ながら消去法で導かれた予想です。正直、ひかるちゃんのラップで痺れたのって一番最初の自己紹介動画で披露したラップメイキングがマックスです。コンビネーションミッションの審査での活躍を期待してたのですが、他の日本人候補生がバチバチにかましていたのは以下の記事の通りです。

ひかるちゃんのラップの腕前に疑うところはありませんが、「Snake」「O.O.O」でのラップパートが、ステージで痺れるものだったかというと…正直「MANAMI ON THE BEAT YA」や「私の分量どこいった?」に勝ててませんでした。
結論…当て書きが駄目なんでは?!! ひかるちゃんにラップを自作させれば、間違いないはず!ダンサーとしての彼女は、Kep1erはおろかガルプラ内でもNo.1だと思ってます、分量は心配なさそうです。デビュー後、ラップでもカマしてくれる日を心待ちにしています。

総じて楽しかった、ありがとうGirls Planet 999

いろいろ本稿の中でも触れましたが、ネットで荒れてる通り、100%肯定できる制作では無かったと思います。が、総じて楽しめました。僕としてはやはり、日本人候補生がとても活躍していたのがとても誇らしかったです。本稿ではあまり多くのメンバーにフォーカスを当てることは出来ませんでした。他の候補生については以下のPodcastの方で語っております。宜しければ、お暇つぶしにでもお聴きいただけると幸いです。

デビューメンバーはもちろん、デビュー出来なかった候補生たちの今後もめっちゃ楽しみです!Kep1er、加え後続のグループを今後も追っていきます!

最終回だけ全くガールクラッシュじゃなかったユン・ジア、可愛すぎてデビューハジャ!

Posted by hiro