永井愛実のラップとCherry Bullet キム・ボラの手腕が光ったガルプラの超難題審査!!!【GirlsPlanet999】

2022年3月7日K-POP

9/24(金)、Girls Planet 999の8話にて、第2回の生存者発表がありました。あまりに多くの才能が番組からドロップアウトしてしまった…オーディション番組の残酷さに打ちひしがれています。落ちていった候補生の中にも、素晴らしいパフォーマンスをした人は沢山いました。そんな人の輝きを記録に残したい、という思いで、連載形式で書くことにしました。以前記事にも書いたのですが、ガルプラで結成されるユニットのメインラッパーは誰になるのか、というのを考察していきます。

この記事では、第6回で披露したWe Areチームのパフォーマンスに焦点を当てていきます。(以下、8話までのあらすじ、第2回生存者発表までのネタバレを含みますのでご留意ください。)

チームワークで乗り切ったラップメイキング審査

左から永井愛実、キム・ボラ、ウェン・ヂャ

本稿で取り上げるのは「We Are」を披露したチーム"夜明けの感性"です。このチームは全員が、第2回の生存者発表を通過しました!!!おめでとう!!!オリジナルでラップを作らなければならない審査でこの結果は凄いと思います。もちろん、パフォーマンスの出来だけが得票数を左右するわけではありませんが、大きなマイナス点がなかったことが大金星です。

このチームでリーダーシップを取っていたのはキム・ボラでした。はじめこそラップ審査に及び腰でしたが、Cherry Bulletでも活躍する彼女を他の2人は信頼し、彼女もそれにしっかり応えていた印象です。

Cグループのウェン・ヂャは韓国語が堪能な様子で、ボラとコミュニケーションを取りながら、サラッと歌詞を書いているのが凄いと思いました。ボラとウェン・ヂャで、ラップが全く未経験かつ韓国語も堪能でない永井愛実を優しくエスコートしていた印象です。この曲のカバーコンセプトはボラがメインを考案したと思われます。原曲のニュアンスを深く理解しつつも、リリックを自分たちに身近なものに置き換えた彼女の手腕が光っていました。

We Areについて

課題曲のWe Areについて軽く説明しておきます。
こちらの原曲は、審査員としても登場したラッパーWoo Won JaeがSHOW ME THE MONEY6に出演した際に制作した楽曲です。SHOW ME THE MONEYとは韓国で大人気のラッパー版サバイバルオーディション。第一線で活躍するプロデューサーと新人のラッパーがタッグを組んで、楽曲を制作しそのクオリティを競います。

We Areは、原題で시차(シチャ、韓国語で時差の意)と付いており、Woo Won Jaeはリリックで、不眠症で昼夜逆転した生活を送る自分と、周りの平凡な人間との時差についてラップしています。当時の番組では珍しい内向的な歌詞と、共に制作したプロデューサー陣がGRAY、Locoという鉄板の布陣だったことが受け、この曲は韓国のチャートで1位を記録するほど大ヒットしました。

絶妙なリリックの置き換え

最初はラップメイキングに戸惑っていた彼女たちですが、パフォーマンスは見事なものでした。特にリリックが素晴らしく、元々はワーカホリックの歌だったものを、一部歌詞を上手く引用しながら健気な練習生の歌に変えています。元々親和性が高いから、課題曲として選ばれたのかもしれません。

特に愛実ちゃんのバースは、原曲におけるLocoのバースの部分をほぼ変えておらず、部分部分の単語だけを変えて意味の通るものになっているのが非常に面白いです。当て書きしたのはボラちゃんだと思われますが、ライミングまで出来るだけ踏襲されている部分に非常にセンスを感じます。

※以下歌詞の和訳は翻訳サイト、Abema本編映像の字幕を参考にしています。

上がLoco、下の太字が愛実ちゃんのバース。

チュィヘ インヌン サラム ドゥルグァ ナル トッカッチ ボジマ
취해 있는 사람들과 날 똑같이 보지마
酔ってる人たちと 俺を同じように見るな

チグムッカジムデ ドゥルグァ ナル トッカッチ ボジマ
→지금까지무대  들과 날 똑같이 보지마
今までの舞台と 私を同じように見ないで

「We Are」Lyric 上:Loco
下:NAGAI MANAMI

他にも、

クムル クゲ へ ジュン チムデン イ キチャ
꿈을 꾸게 해 준 침댄 이 기차
夢を見させてくれた寝台はこの汽車

クムル クゲ へ ジュン ムデ ウィ シガン
→꿈을 꾸게 해 준 무대  시간
夢を見させてくれる舞台の時間

モンジ ッサイル トゥミ オプドン キボドゥ ウィ
먼지 쌓일 틈이 없던 키보드 위
埃が積もる暇もなかったキーボードの上

モンジ ッサイル トゥミ オプドン ヨンスプシル ウィ 
→먼지 쌓일 틈이 없던 연습실 위
埃が積もる暇もなかった練習室の上

「We Are」Lyric 上:Loco
下:NAGAI MANAMI

ここでびっくりしたのが、韻の踏み方は踏襲していても、愛実ちゃんラップのフロウがで全くオリジナルなものであり、かつ完成されていたところです。Locoの技巧をアイドルが真似できないのは当然ですし、おそらく原曲を知らなかったのだと思われますが、ゼロイチでここまで練り上げたのは本当に凄い!審査員も視聴者もみんな度肝を抜かれていました。ボラちゃんが「愛実は天才ね」と言い、Woo Won Jaeが「これからもラップを続けて欲しい」と言ったのは、ただのリップサービスではないと思います。

“夜明けの感性"

最後のサビのあとの、3人でバースをリレーするクライマックス。感動的でした。以下、歌詞を引用します。

上が原曲、下の太字が永井愛実のバース

モドゥガ ウィホマダヌン シガニ
모두 위험하다는 시간이
みんなが危ないと言う時間が

モドゥ チャムドゥロ イッヌン シガニ
→모두 잠들어 있는 시간이
みんなが寝てる時間になれば

ウリン ドェリョ ピョネ
우린 되려 편해
俺たちは
楽なんだ

ドゥエ ウリン ピョネ
→돼야 우린 편해
私たちは楽なの

Don’t you know who we are

「We Are」Lyric 上:WooWonJae
下:NAGAI MANAMI

上が原曲、下がキム・ボラのバース

パルガジン チャンムン バックル バヤジ
밝아진 창문 밖을 봐야지
明るくなった窓の外を見て

ウォナドン ナル マンドゥリョ パムセソ ヘ
원하던 날 만드려 밤새서 해 
望みの自分を作ろうと夜通しやるのが

ピロソ マミ ピョネ
비로소 맘이 편해
初めて心が楽に
なる

パァヤ ナン ピョネ
봐야 난 편해
私は楽なの

Don’t you know who we are

「We Are」Lyric 上:Loco
下:KIM BORA

上が原曲、下がウェン・ヂャのバース

モドゥガ タ ピハヌン バン チハガ ウリン ピョネ
모두가 다 피하는 반 지하가 우린 편해
みんなが避ける半地下が俺たちは楽
だよ

(※GRAYとLocoが参加するレーベルAOMGがメジャーとアンダーグラウンドの中間であることを示唆している)

モドゥガ タ ピハヌン セビョク ヨンスプ ウリン ピョネ
모두가 다 피하는 새벽 연습 우린 편해
みんなが避ける 夜明けの練習が 私は楽なの

Don’t you know who we are

「We Are」Lyric 上:WooWonJae
下:WENTHE

「みんなが寝ている時間も練習に捧げた」という気概に満ちたリリックでした。そうやって培われた"夜明けの感性"を見せつけてくれた最高のチームだったと思います。原曲まで理解して初めて彼女たちのパフォーマンスの素晴らしさに、心底感動しこれは彼女らに言わせれば「Don’t you know who we are?」だなと思って書きました。

一応、結論メインラッパー候補として、永井愛実ちゃんは名乗りあげてきたなという印象です。ボラちゃんは紛れもないラップメイキングの才能を見せつけてくれましたが、やはりラッパーに収まらずメインボーカルの器だと思います。サビの部分のコーラスアレンジとかも素晴らしかったですしね。とにかくみんな良かったです…!9話以降のクリエーションミッションでもみんな頑張れ〜〜〜!

Posted by hiro